top of page
taikosan_edited.jpg

​武泰子
Taiko TAKEZAWA

 

フルート、フラウト・トラヴェルソ奏者。

岩手県出身。幼少期よりピアノを嗜んだのち 16歳よりフルートをはじめ、桐朋学園大学音楽学部卒業(フルート、フラウト・トラヴェルソ)。その後オランダへ留学しデン・ハーグ王立音楽院、フラウト・トラヴェルソ科にて修士課程修了。

修士論文は「19世紀におけるフルート音楽及び楽器と演奏解釈」。フラウト・トラヴェルソから現代フルートまでの時代別演奏スタイルを オリジナル楽器を用いて発表。

音楽院在学中よりフラウト・トラヴェルソ奏者として オランダ国内のオーケストラプロジェクト、アンサンブルに参加する一方、

現代フルート奏者としてもアンサンブルから現代曲の初演にも携わった。フルートを吉川久子、坂橋矢波、白尾彰、フラウト・トラヴェルソ及びルネッサンスフルートからロマンティックフルートをケイト・クラーク、ウィルバート・ハーゼルゼットの両氏に師事。これまでにフランク・トゥーンズ、マルタン・ロート、ミヒャエル・シュミット・カスドルフ各氏のマスタークラスを受ける。 スペインのフルート奏者、パブロ・ソーサ・デル・ロサリオ氏とのデュオ、La Conochiave(ラ・コーノキアーヴェ)メンバー。

https://www.flutiacot.com

bottom of page